2015年10月20日

指名メールに「あんた誰?」


【10/20】WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

【10/20】スカイスキャナー

【10/20】ゴルフ専用日焼け止め【ゼロホール】

【10/20】「お名前.com プレミアムドメイン」ビジネスの成功は価値あるドメインから



   151020.JPG
   最後のビクトリーパークで付いたキャディー


今週は二週間ぶりの田舎ゴルフである。ポールに負け、パタヤでも二連敗し、これ以上の負けは私のプライドが許さない!いつからプライドがあるんだって?野暮な事、お聞き為さんな。これでも、憤慨しているのですぞ。

そして、今週は私の方からポールに願い出たビクトリーパークでの勝負となる。そこで、この前に付いたキャディーの携帯にメールを入れておいた。「水曜日に行くからキャディーを頼む」と。

しかし、キャディー・ニンからメールの返事は無かった。ところが、昨晩になって突然携帯が鳴った。「ピンピン」という音だけがして切れたのでメールだと分かったが、まさかキャディー・ニンからだとは思わなかった。

しかし、中身を読んでがっかりした。そこには「あんた誰?」と書かれていたからだ。私は嬉しいような寂しい様な気持ちで返事を書いた。

しばらくしてメールの返事が返ってきた。「思い出したわ。OKよ。」

よし、これで準備は整った。次回は何としてもポールを粉砕したい。ドライバー150ヤードでも、こっちにはキャディー・ニンが付いているのだ。ナイス・チップイン!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 ゴルフブログ 海外ゴルフへ













posted by チップイン at 01:53| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイス・キャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

対照的なキャディー


【10/16】【物忘れする人必見!】超小型の紛失防止トラッキングデバイス

【10/16】スマホで簡単お小遣い♪⇒ネットマイル

【10/16】WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

【10/16】国内&海外ホテル予約『トリバゴ』



   151016.JPG
   さすがはレンチャバンGCの洗練されたキャディー

今回は日本からの親友たちのリクエストで月曜日に全員参加のゴルフとなりました。二人はまるで初心者、初めてのゴルフラウンドということで、パタヤCCを予約しました。翌日の火曜日は「御大フィルのコンペ」でクレイトンがアレンジしておりレンチャバンのスポーツデーと知りました。5人参加だと聞いてので、我々の仲間の二人が是非、ナイス・コースでプレイしたいと一緒に参加することになりました。

初日パタヤCCと翌日のレンチャバンGCでの付いたキャディーが両極端に違っていたのが、とても印象的でした。勿論、前もって分かっておればキャディーを指名したのですが、今回は親友たちの面倒を見ることが、使命だったので、キャディーは別に指名することもありませんでした。

さて、初日、月曜日に付いたキャディーは歳の頃30歳過ぎで、キャディー歴二か月くらいだったでしょうか。耳年増になってのスタートだったようで、兎に角、呆れたキャディーでした。ユニフォームを着ているからキャディーと呼ぶだけで、服の中はまるっきりキャディーではありません。

1番、ティーショットが右のラフへ行き、私はカートを遣わず歩きですから、当然キャディーも歩きです。二打目地点で、3番ウッドを受け取り、アドレスに入る前に「チップ」の話を始めたのです。これには、普段余り怒ることのない私ですが、ムカーっときました。

まだ1番ホールですぞ。しかも、たった1打しか打っていないのですよ。

私は同じ歩きで周っているクレイトンに言いました。「おい、無視しろ、そんな詰まらぬことで、せっかくの楽しいラウンドが台無しになるよ。」

クレイトンの言う通りです。私だって、馬鹿なキャディーにせっかく楽しいゴルフをダメにされたくありません。しかし、その後もこの年増キャディーは最低でした。汗で化粧が流れるのか、何度も何度も化粧ばかり気にして、周囲のプレイヤーにはまるで関心を示さず、日本からの親友のパッティング前方にゴルフバッグを下ろしたりして、文句を言われる始末。

昔からパタヤCCのダメキャディーは知っておりますが、せっかくクラブハウスも新築したのですから、しっかりとキャディー教育をお願いしたいですね。

それに比べ、翌日のレンチャバンGCのキャディーはいつも通り、しっかりしたキャディーさんが付きました。年齢は兎も角(パタヤCCと同じうらいか少し若かった)、きちんと灰皿を用意してくれて、冷たい水も付いて、笑顔は一日中、楽しいラウンドができました。

本当に、「たかがキャディー、されどキャディー」です。同じお金を払い、プレイするなら、やはり楽しい一日を過ごせるキャディーが良いですよね。何しろ、こちらではノーキャディーという訳には行かないのですから。ナイス・キャディー、ナイス・チップイン、といきたいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 ゴルフブログ 海外ゴルフへ













posted by チップイン at 18:01| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイス・キャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

やり手婆の大魔神


【09/09】日本最大級のクーポンサイト【グルーポン(GROUPON)】

【09/09】RAKUWA磁気チタンネックレス【ファイテン公式】

【09/09】大塚商会のレンタルサーバ

【09/09】「お名前.com プレミアムドメイン」ビジネスの成功は価値あるドメインから



  150909.JPG
  パタヤCCの「大魔神」キャディーはやり手婆だった

もう、7年くらい前になるだろうか。英国村コンペから御大フィルのコンペが追加になった頃だと思うのだが、パタヤCCのエピソードがある。

パアヤの市内から近いということもあり、ベストなコースとは思わなかったが、フィルが好きでよく通ったのがパタヤCCである。

現在はオーナーも変わり、クラブハウスも新築して新しくなり、コースも手が入り、大分良くなった。もしかしたら、来月、此処でプレイする機会があるかも知れない。

さて、話が横に逸れてしまったが、当時、私はなるべく指名キャディーを付けようと腐心していた。理由は「不確実な要素」を少しでも減らそうという魂胆だったのである。

それでなくても、私のゴルフである。「不確実のゴルフ」になるのだから、少なくてもキャディーだけは、できれば毎回同じにしたかったのだ。

そして、最初の頃、一度付いたこのキャディーを指名してしまったのである。すると、その後電話で予約を入れると、何人で来るのか尋ねるのである。私は何人で行こうが関係無いだろうと言うと、自分の友達も付けてくれと要求するのだ。

言わずと知れた「やり手婆」のお節介である。私のゴルフ仲間は英国人である。彼等は自分の事は自分で決める連中である。もし、それが私の頼みなら彼等も話を聞いてくれるかも知れない。しかし、キャディーが勝手に自分の思惑で仲間のキャディーを付けろなんて要求を受け入れる訳がない。

私はこのような嫌らしいやり手婆のキャディーは絶対に指名しなくなった。ナイス・チップイン!


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへにほんブログ村 ゴルフブログ 海外ゴルフへ













posted by チップイン at 01:39| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイス・キャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

可愛いキャディーは誰だったのか?

   150427.JPG
   コーヒーショップの脇にあるベンチに腰掛けていた

ポールと私の「二人ゴルフ」もキャディーの仲間内では「イープンとファラン」で通っているようだ。毎回、駐車場でクラブを下ろしているとやって来るキャディーがトーキーでキャディーハウスに連絡しているのが聞こえる。我々はそう呼ばれているのだ。すでに「有名」である。

それにしても、先週のプレイ後、ゴルフクラブを車に積んでいる時、後ろのベンチで笑顔で会釈をくれた若いキャディーはいったい誰だったのだろう?

手前に二人、奥に三人、二人の男に挟まれて、こっちを向いて座っていた娘である。結構、可愛いので、私はどこかで目を合わせたことがあるはずなのだ。

で、なければ彼女の方から会釈をすることは考えられない。

二人ゴルフも、早十ヶ月になろうとしている。これからは雨季の季節である。雨に降られるなら、あんな可愛い娘と「相合傘」でラウンドがいいなあ。ナイス・チップイン!



ポチっとタップインしてください

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 ゴルフブログ 海外ゴルフへ
posted by チップイン at 01:17| Comment(0) | ナイス・キャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

B2000のコンパニオン

   150325.JPG
   こんな垢抜けした美人は田舎コースにはいないなあ

コップに半分の水。「半分入っている」と思うのか「半分無くなってしまった」と考えるのか。どうも、最近、そのような気持ちのゴルフが続いている。

田舎暮らしでも近所にゴルフ場があることを嬉しく思う反面、少々欲求不満でもある。コースにしても9ホールで毎回同じコースを周るのと、かつてパタヤのように毎週違うコースでプレイできるのと。

キャディーもそうだよなあ。セント・アンドリュースにもマウンテン・シャドーにもブラパーにも、いつも指名キャディーがいて、そう、まるでコンパニオンと一緒の「夢のラウンド」だったなあ。

2000バーツと高い料金でも美人キャディーが一緒だと、そう高いと感じさせないところは助平ゴルファーの俺にはピッタリだったのだろう。

それに比べ、B600と安くプレイできる田舎ゴルフではあるが、やはり満足度から言えば、大分格差があると実感している。目指すはノイカイのヴィクトリー・パークだ!ナイス・チップイン!



ポチっとタップインしてください

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ
にほんブログ村 ゴルフブログ 海外ゴルフへ
posted by チップイン at 01:07| Comment(0) | ナイス・キャディー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
THE BED ROOM
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。